本文へスキップ

住宅診断(ホームインスペクション)、住宅調査、内覧会立会い・同行、雨漏り調査、住宅メンテナンスのご相談

TEL. 050-5824-4322

〒192-0352東京都八王子市大塚343

特殊建築物等の定期調査報告INVESTIGATION REPORT

特殊建築物等の定期調査報告

建築物の所有者は、常時適法な状態に維持しなくてはならない管理責任を負っています。その中で定期に調査し、特定行政庁へ報告をしなくてはならない特殊建築物の調査・報告・アドバイスをするサービスです。

報告を怠ったり虚偽報告をした場合、罰則の対象(百万円以下の罰金)となります。
点検を怠った為に重大な災害が起きる可能性があります。莫大な損害賠償責任が課される事にもなり得ます。

取り返しのつかない事故が起きる前に・・・

定期検査報告制度は過去の様々な災害を鑑み、建物の所有者等(所有者・管理者・占有者)が事故を未然に防ぐ為、建築物に期待、要求する性能を維持保全する事に責任が課され、これを定期に調査、報告する制度で、専門家による調査を行い結果に基づき所有者等が必要な措置を講じ、維持保全を図る目的の制度です。ホームインスペクション同様、建物の健康診断にあたる性質のものです。

対象となる特殊建築物の規模及び時期一覧

※東京都の場合
用 途  規 模 または 階 期 間
劇場、映画館または演劇場 A>200uまたは主階が1階にないものでA>100u 毎年の11月1日〜翌年の1月31日まで
(毎年報告)
観覧場(屋外観覧席のものを除く)公会堂または集会場 F≧3階またはA≧200u(平屋建て、かつ、客席及び集会室の床面積の合計が400u未満の集会場を除く)
旅館またはホテル F≧3階かつA>2000u
百貨店、マーケット、勝馬投票券発売所、場外車券売場または物品販売業を営む店舗 F≧3階かつA>3000u
地下街 A>1500u
病院、診療所(患者の収容施設があるものに限る)または児童福祉施設等 F≧3階またはA>300u(平屋建て、かつ、床面積の合計が500u未満のものを除く) 平成25年の5月1日〜10月31日まで
(3年ごとの報告)
 
旅館またはホテル(毎年報告のものを除く)
学校または体育館 F≧3階またはA>2000u
博物館、美術館、図書館、ボーリング場、スキー場、スケート場、水泳場またはスポーツの練習場
下宿、共同住宅または寄宿舎の用途とこの表(事務所等を除く)に掲げられている用途の複合建築物 F≧5階かつA>1000u
百貨店、マーケット、勝馬投票券発売所、場外車券売場または物品販売業を営む店舗(毎年報告のものを除く) F≧3階またはA>500u 平成26年の5月1日〜10月〜31日まで(3年ごとの報告)
展示場、キャバレー、カフェー、ナイトクラブ、バー、ダンスホール、遊技場、公衆浴場、待合、料理店または飲食店 地階もしくはF≧3階またはA>500u
複合用途建築物(共同住宅等の複合用途および事務所等のものを除く) F≧3階またはA>500u
事務所その他これに類するもの A>1000u(5階建て以上、かつ、延べ面積が2000uを超える建築物のうち、F≧3階の階にあるものに限る)
下宿、共同住宅または寄宿舎 F≧5階かつA>1000u 平成27年の5月1日〜10月〜31日まで(3年ごとの報告)
注)1.F≧3階、F≧5階、地階もしくはF≧3階とは、3階以上の階、5階以上の階または地階でそれぞれ、その用途に供する部分の床面積の合計が100uを超えるものを言います。
  2.Aは、その用途に供する部分の床面積の合計を言います。
  3.共同住宅の住戸内は、定期調査・検査結果の報告対象から除かれます。

※お客様の建物が報告義務対象となるか判らない場合、お気軽にお問い合わせ下さい。



区切りライン

当サービスを利用する事で・・・ポイント 女性イラスト  
  • 専門家による調査、報告により、建物の現時点でのコンディションや維持管理の注意点が把握できます。
  • 災害予防、備え、維持、管理への認識を強めるきっかけとなります。
  • 思いも寄らない不具合の是正指導により、居住者様等への注意を強める事が出来ます。(目をつむっていた事や言いづらい事にも遠慮する必要がありません。)
  • 疑問にも思わなかった事のアドバイスが得られる可能性があります。
  • 調査報告書の保管により、劣化の進行状況なども把握できる事が有ります。

特殊建築物等の定期調査サービスの具体的内容
  • 特殊建築物調査資格者が対象建築物を予備調査、実地調査をし特定行政庁へ報告をいたします。
  • 国土交通省告示に基づき調査をいたします。
  • 調査時間は規模や劣化状況等により異なります。
  • 調査は図面や証書、聞き取りや前調査結果の確認等による事前調査を行い、現地にて標準機材を使用して手の届く範囲の打診調査及び目視、動作確認により行います。
  • 是正改善のアドバイスをいたします。
  • 万が一トラブルとなってしまった場合でも、提携の法務事務所にてバックアップいたします。(別途料金です。)
サービス料金一覧はこちら矢印GIF
当サービスの注意点ポイント 女性イラスト
 
  • 特殊建築物に該当するお客様が対象となります。
  • 調査日当日の時間変更は原則できません。
  • 当サービスは、調査項目、調査方法を法定に従い行うものです。判定基準を緩める事や削除する事はできません。
  • 調査時刻は昼間と致します。(事情により夜間をご希望の場合はご相談下さい。)
  • 点検口や屋上へのアプローチに大きい脚立(1.8m位以上)が必要となる場合が御座います。基本として借用させていただきますのでご了承下さい。(無い場合はお申し付け下さい。用意して参りますが、車両による運搬が必要となりますので料金が発生いたします。)
  • その他のサービスは対象外です。同時依頼の可能なサービスもございますので、お問い合わせください。(ご依頼のサービスによっては、別の日程でのご相談とさせていただく事もございますのでご了承願います。)
  • キャンセルの場合は規定のキャンセル料が発生する場合があります。                   特定商取引法に関する記述内のキャンセルについてをご確認下さい。また、ご返金の振込手数料はお客様負担となります。予めご了承下さい。


サービス料金&オプション

延べ面積 調査報酬額  + 報告事務手数料/棟
(東京都の場合)
500u以下 ¥50,000〜 ¥4,760
1,000u ¥64,000〜 ¥5,232
2,000u ¥92,000〜
3,000u ¥116,000〜 ¥6,186
4,000u ¥133,000〜
5,000u ¥150,000〜 ¥7,612
6,000u ¥167,000〜
7,000u ¥184,000〜
8,000u ¥197,000〜
9,000u ¥207,000〜
10,000u ¥217,000〜

※消費税抜き
上記は標準報酬額の目安です。建物用途やその他諸条件により異なりますので、お見積りいたします。
※遠隔地は別途交通費等が発生いたします。
※調査に必要な図面が揃っている事を前提としております。図面作成が必要な場合、お引き受けできない事がございます。
※外壁全面打診調査(及び赤外線サーモグラフィ調査)は別途お見積りとなります。




 

※お申込みの流れはこちらからご確認下さい。

バナースペース

すみれアドライフコンサルティング事務所

〒192-0352
東京都八王子市大塚343
TEL. 050-5824-4322
FAX. 042-670-3273

E-MAIL.info@sumire-adlife.com

クイックリンク
一戸建てに関するサービス
マンションに関するサービス
その他に関するサービス
新着情報・FAQ
サービス料金一覧
豆知識